アマゾンでの売上を1.1倍にするツールのご紹介+独自レポート特典追加

こんにちは ゆうさくです。

H27.3/21 に独自レポート「カートボックス獲得のための悪魔のノウハウ」をプライスター特典として追加
Amazon販売におけるカートボックス獲得率を大幅に上げるためのメソッドです。
プライスターの利用と合わせてお読みください。

レポート詳細 → 「カートボックスを獲得するための悪魔のノウハウ」

本日はツールの紹介をしようと思います。
ツールのお話と聞くと、胸を踊らせて食い付く方が多いのですが
別になんてことはありません、ただの時短のための道具です。

ツールが勝手にお金を稼いでくれるという考えはやめましょう。
私も副業を始めたての時は、ツールさえあれば
何もせずにどんどん稼いでいけると思っていました。
それくらいLPが甘美に作られてます 笑

確かに正しい手順で使えば本当に稼ぎを数倍にしてくれます。
ですが、結局は自分の作業を加速させる装置に過ぎず
何もしなければ何も生まれません。
私はそれに気づくまでに半年はかかりましたw笑
利用して得をするか損をするかは自分次第なので常にそこは意識しましょうね。

で、本日は実際に私のアマゾン売上を1.1倍にしてくれたツールを紹介します。
有名なのでご存知の方も多いかと思いますが
ご紹介するのは「プライスター」というツールです。
プライスチェックを作った会社が提供しているサービスですね。

プライスター

プライスターを導入するにあたって

結論から言っておきますが、月額料が5,800円なので
売上が1.1倍になることで5,800円以上の利益を得られる方のみ使ってください。
利益率20%でいくと、おおよそ月商30万円以上の方が対象となります。

月商30万 × 利益率20% × 売上増加分10% =6,000円

金額的なメリット以上に価格調整をしなくても良いという時間的メリット
あるのでなんとも言えませんがひとつの目安にしてください。

30万円に満たない方でも、1ヶ月の無料期間があるので
試すのも良いと思います。(H26.7/25現在)
というか、実際に利用する方もかならず無料サービスは使って下さい。

プライスターのメリット・デメリット

一番のメリットは時間の掛かる価格変更作業を自動で行ってくれることです。
というか、この機能が果たせて使いやすいツールを探していました。
常にセラーセントラルに張り付いて価格調整をするというのはナンセンス極まりなくて、
ツールの方が圧倒的に早いかつ正確です。
プライスターは輸入ビジネスでの価格調整に特化しているツールです。

実際に使っていて私が感じるメリット・デメリットを書いていきます。

メリット編

■柔軟な価格調整■

FBAに調整するのか、最安値で調整するのか、同じ状態の商品に合わせるのかというのを
選択できる事です。もちろん調整しないというのも可能です。
私はほとんどFBAで調整していますが、キャッシュフロー的に余裕が無い方は
最安値とかで調整するのも良いと思います。

そこで心配なのが、勝手に調整されて赤字にならんのかい?という事です。
やはりよく考えられたツールで、赤字ストッパー機能というのがついており
予め、指定価格より値段が下がらないように設定できます。
つまり指定価格以上の範囲で価格追従が行えます。

常に値合わせができるという事は、
常にカートが取れる状態という事なので必然的に売上があがります。
上がらない理由がありません。

■売れた商品がすぐに確認できる■

これもなかなかのメリットです。
通常は商品が売れてもセラーセントラルからは売り上げた商品名を確認する事はできません。
(FBAの在庫画面から見る事はできますが、面倒なのでわざわざ確認している人は少ないでしょう。)
プライスターだと、売れた商品を画像付きですぐに確認できるのでとても便利です。
数日~数時間ですが早く商品をリピート購入できるので回転も早くなります。

私が実際に売った商品の速報です。
画像とかはアマゾンで使っている画像の1枚目が採用されます。
粗利のところは現状マイナスになっていますが、発送終了後に反映されます。

プライスター

巷では「アマゾンで売り上げた商品をすぐに確認する方法」
なんてものがレポートで出ていますが、それが簡単になります。

というかそんなものでレポートになるって・・・笑

■売上管理がしやすい■

わたしにとって今の所あまりメリットではありませんが
多くの方にとってメリットになるかと思います。
月間売上額がグラフと数値で厳密に算出され、粗利や利益率も自動更新されます。
そのため売上管理ができていないという方には強くお勧めします

売上管理は売上に繋がりそうにないですが、
実はとても大切であり、方針を迷った時の判断に必ず役にたちます。
利益に直結してると考えてください。

以上が特に感じたメリットです。
セラー売上げランキングとかありますが、別にどうでもよいです 笑
ちなみに1位の方は「3540個」の売上個数で「43,819,220円」売上らしいです。
凄すぎる・・・利益率も教えて欲しいです。

デメリット編

■価格が高い■

結構価格が高くないですか?自分が価格調整した時の時給を考えると安いのですが、
固定費として月5,800円は普通に痛いです。
アマゾンの大口出品料より高いですから。
他のツールも検討した結果、これが費用対効果が高そうだったので選びましたが、
他に良いツールが安く利用できればそちらに乗り換えたいと思っています。

ただ、安くても使い勝手が悪いと逆に時間がかかったりストレスになったりするので
気をつけないといけません。バランスが大切ですね。

■無駄な機能が多い■

ランキングもそうですが、私にとっては無駄な機能が多いです。
例えば、簡単出品という機能ですが、まず使わないです。笑
普段の一括出品ファイルでの出力の方が慣れているし、結局は早いかなと思います。
セラーセントラルの納品に満足されていない場合は使ってもよいかもしれません。

わたしはあえて今から乗り換えるメリットを感じません。まぁ要は慣れの問題ですね。
機能を削除してお値打ちに出して欲しいです 笑

■入力がだるい■

仕入れ価格を入力するのが面倒です。
一度入力してしまえば終わりと言えばそうですが
わざわざ一個ずつ入力していくのは時間がかかります。
これってCSVとかで一気にできるようにしてもらえれば
楽になるのになぁと思います。運営の方頑張ってください。
運営の方に謎の訴えでした。笑

CSVで一括入力可能 一瞬で入力できました。
レポートでも書きました。

とまぁ、良いところと不満なところをお伝えしましたが
結論としては、キャッシュの流れが早くなりましたし
利益も向上しているのでとても満足しています。(月額料払った上で)

というか、そうじゃないと紹介はしません。

プライスターレビューを含めて

アマゾンで商品の売れ行きが良くないという方は
メインカートがとれていない可能正が高いです。
セラーセントラルのビジネスレポートから、カート取得率を確認し
それが自分の理想(本来とるべきパーセンテージ)よりも少なければ導入を検討してください。

カートがとれていない事が問題で、売上が上がっていないのであれば
きっと10%~20%程度は売上が向上するはずです。
今なら1ヶ月の無料お試し期間があるので是非試してみてください。


レポート&プライスター日本版30日間無料

使う時のゆうさくとのお約束ですが 笑
しっかりと仕入れ価格を入力してくださいね。
そうすると以後、どの商品を仕入れるべきか
どの商品が赤字を出しているかが一目瞭然になります。

小さな事ですがこれを蓄積していけば、必然的に月利は上がります。
蓄積型ビジネスで稼いでいきましょう。

にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

とってもシェアして欲しいです!!