国内送料を最適化して利益を上げろ!!

こんにちはゆうさくです。

本日は国際送料ではなく、国内送料を最適化する方法をお伝えしようと思います。
海外から輸送されてきた商品を荷受けし、FBAセンターに納品する事を想定しています。

ダンボールのサイズや重さ、個数によって大きく送料が変わってくるので
以下のいくつかのケースで考えてみようと思います。

内容個数容量(センチ)重量(kg)
1小物110*10*100.2
2大型ダンボール150*50*6010
3大型ダンボール350*50*6010

そして現実的かつ、誰でも使える発送方法からいくつかノミネートしたのがこちらです。

発送方法
AはこBOON

B郵パック

Cヤマト便

Dパートナーキャリア

Eゆうメール


パートナーキャリアとはAmazonが提供しているFBA専用発送法ですね!

ちなみに僕は利用した事ありません(笑)

発送地と到着地はそれぞれ以下の4パターンで設定しました。

関東

東京→神奈川 (関東在住の方が小田原FCに納品する事を意識)
東京→岐阜  (関東在住の方が多治見FCに納品する事を意識)

関西

大阪→大阪 (関西在住の方が堺FCに納品する事を意識)
大阪→岐阜 (関西在住の方が多治見FCに納品する事を意識)

こんな感じで計算します。

多治見FCをチョイスしたのは、フルフィルメントセンターの固定化に伴い,
多治見FCをチョイスすると小型商品も大型商品もどちらも納品できるので
利用される方が多いかなと思ったからです。

ちょっと分かり辛いですが、この2つのマトリクスで掲載していきます。

関東在住の方

東京 発 → 神奈川 着
発送方法123採用重量
AはこBOON597円1,008円3,024円重量
B郵パック740円1,830円5,490円容積
Cヤマト便1,512円1,620円2,873円容積
Dパートナーキャリア692円1,111円3,333円容積
Eゆうメール215円対応無し重量
東京 発 → 岐阜 着
発送方法 123採用重量
AはこBOON597円1,008円3,024円重量
B郵パック740円1,830円5,490円容積
Cヤマト便1,728円1,944円3,586円容積
Dパートナーキャリア対応無し容積
Eゆうメール215円対応無し重量

 

関西在住の方

大阪 発 → 大阪 着
発送方法123採用重量
AはこBOON494円906円2,718円重量
B郵パック690円1,780円5,340円容積
Cヤマト便1,588円1,804円3,056円容積
Dパートナーキャリア570円1,066円3,198円容積
Eゆうメール215円対応無し重量

 

大坂 発 → 岐阜 着
発送方法123採用重量
AはこBOON597円1,008円3,024円重量
B郵パック740円1,830円5,490円容積
Cヤマト便1,620円1,944円3,089円容積
Dパートナーキャリア対応無し容積
Eゆうメール215円対応無し重量

国内送料の所感

さて、最適な発送をできていましたか??
できていたのであればOKです。もっと見直す余地があったのであれば
是非少しでも利益改善のために見直しをしましょう。

小型商品について

超小型の商品(~1.0kg)はゆうメールを利用するのが良いですね。
そりゃまぁ小型専用のサービスなので勝ちようがないというところです。

大型ダンボール1箱

これは、はこBOONの圧勝ですね。
もう少し重量が重くなったところで
はこBOONが最安になると思います。

はこBOONの事を少しだけ補足説明します。

はこBOONはファミマで発送できる、完全実重量依存の
珍しいタイプの発送方法です。
事前にアカウントを作成しておく必要があります。
こちら→https://www.takuhai.jp/hacoboon/hb166

事前に家のPCで発送したい商品情報を入力しておきます。
すると16桁くらいの番号が発行されます。

その番号をファミマのファミポート?(チケットとかを買うあの機械です。)
に入力すればレシート出てくるので、それをダンボールと一緒に店員に渡すだけです。

これはヤフオクなどでよく利用されている印象です。
(ちなみに伊藤忠商事のサービスです。)

大型ダンボール3箱
これは私の設定が悪かったです。
5箱とかにすればよかった・・・。

結果はこBOONとヤマト便の僅差です。
はこBOONは「重量+箱ごとに課金」
ヤマト便は「重量or容量+発送ごとに課金」
このような構図になります。

※ヤマト便の 容積換算式
縦(メートル)×横(メートル)×高さ(メートル)×280=容積換算重量(kg)

つまり、ヤマト便は箱が増えれば増える程、割安になります。
僕が過去で最安になったのは40箱くらい納品した時に
1箱500円くらいだったと思います。(もちろん大型ダンボールです。)

普通に送ると1,000円くらいなので
メリットが大きいの分かりますね。

私はヤマト便押しなのですが、その理由は
発送作業がとても楽だからです。
はこBOONは事前に登録する作業があるので結構ダルいです。
ファミマでレジで後ろのお客さんを待たせるのも少し心苦しいです。

一方、ヤマト便は予め発送伝票を印刷してもらえて
集荷にも来てくれるので楽です。持ち込みすると更に少し安くなります。
状況にあった使い方をしていきましょう!

結論

~1.0kgの場合はゆうメール等の小型発送サービスの利用。
2~3箱であれば「はこBOON」
3箱より多い場合は「ヤマト便」

2箱の場合多少変わるので以下より計算して下さい。
はこBOON 価格
ヤマト便 価格

パートナーキャリアの見せ場はありませんでした。

さらに良い発送方法はあるのか

正直なところ上記は契約無しの発送方法なので
たくさん送っている人からすると割高に感じるかもしれません。

ちなみに僕が提携の物流会社を経由して送る場合は
ヤマト便の半分くらいの金額になります。
(重量が少ない場合は逆に凄い高くなります。)

実は少し前までは誰でも契約できて
誰でも使えるGoodな配送方法がありました。
それは買いパラというサイトを利用する事です。
買いパラ(現在メンテナンス中)

買いパラを経由して西濃運輸で発送すると
1発送(20kg以下・130センチまで)が530円でした。
現在はメンテナンス中なので利用できませんが
復活したら再度こちらでアナウンスしようと思います。

箱のサイズが少し小さいために扱いにくい部分はあるかと思いますが
かなり良い発送方法であると思います。

こんな方法もあると頭の片隅に置いておいてくださいね。
もっとこんな方法があるよーという時は是非ご連絡下さい!

それでは

とってもシェアして欲しいです!!