巨大プラットフォームを利用すること

こんばんわ、ゆうさくです。

みなさんアマゾンのセラーセントラルにログインをすると
左下あたりにでてくる「セラーフォーム」を見たことありますか?
いろんな人がアマゾンに問い合わせをしている内容が
見れるというページなんですが、最近面白い質問がありました。
(セラーフォーム自体結構面白いので見てみる価値ありですよ)

にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
今何位でしょう?(*´∀`*)

納品時の紛失について

要約をして説明をします。

アマゾンがFBA納品の荷受けをしたときに
商品を紛失してしまったらしく、その補償はどうなるんだというお話です。
当然出品者としては、販売予定だった額を補償してほしいわけです。
気持ちはものすごく分かります。

しかし、アマゾンはこういう場合は販売価格の平均値から
補償額決定します
という返答であり、
それはしっかりと規約に盛り込んであります
(http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html/ref=hp_rel_topic?ie=UTF8&nodeId=200326380)

んで、その返答後でもやっぱり、
出品者は自分が19800円で販売する予定だったから、
19800円を補償しろといっていますが、
アマゾンの判断だと、補償額は9800円で、
最終的にやはり9800円の補償がなされたようです。

この一連の流れでみなさんはどう思いますか?

私がアマゾンの担当者だったら間違いなくこういうでしょう
「文句があるなら利用しないでください」
これで終了です。

いや、まじでこれ以上いう事はないでしょう。
他の出品者も追随し回答をしていて
その全てが「アマゾンサイドの対応が悪い」という回答でしたが、
まじで言ってるんでしょうか。
まじで言ってるならビジネスに向いてないと本気で思います。
「高い手数料払ってるのにこんなのはおかしい!」
とか言ってる人がいて、いやあなたがおかしいですよと。
まず今手数料関係ないですよねと。

基本的にプラットフォームを利用してビジネスするときは
その規約に全て従い、共栄していかなければなりません
あくまで規約内で上手く利用して利益を上げる必要があります。

SEOなども同じ考えかたですよね。
Googleに気に入ってもらい、検索上位に表示するために、
Googleに好まれるようなコンテンツを作る。
当然、Googleの規約に違反したコンテンツはとばされる
それに文句は言えませんよね。

当然プラットフォームを提供する側も
顧客を大切にするべきですが、
利用者全てにとって都合が良く、
提供者にもとっても利益の上がるものを作るのは不可能です。

今回販売予定額が補償されたとすれば、こんな人がでてくるでしょう。
「1億円で200種類の色別のものを7点ずつ半日毎に納品しよう」
普通にミスすると思います。
すると1億円支払われます。
おかしいですよね。極論ですがこの人がいってることはこれと同じです。
規約に盛り込んで決めておかないと、ガチで普通にこういう事をする人がいるんです
アマゾンとしては当然の対処をしたまでです。

なんで物販になったとたんに
「アマゾンを高い手数料で使ってやってる」
となるんでしょうか。
勘違いも甚だしいです。

みなさん、人の振り見て我が振り直せですよ。
そんな事を今日は考えさせられました。

とってもシェアして欲しいです!!