ショップリサーチは一瞬で行いましょう

こんばんわ ゆうさくです。
本日は仕入れで簡単に価格調査ができるサイトを教えます。

みなさんがリサーチする目的ってのは
「売れる商品を安く買うこと」の一言に集約されます。

たしかにそうですよね。
逆にそれ以外にあるの?って感じです。
(実はありますが・・・)

アマゾン貿易をしている以上リサーチは必須項目であり
最も時間を割かなければいけません

そこで一般的に知られてないサイトをお教えします。

その名も「価格を掴もう!」です。
嘘です「Price Grabber」です。

Google shoppingとかはかなり有名なツールだと思いますが、
Price Grabberはあまり知られていません。

にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
今何位でしょう?(*´∀`*)

使い方は簡単で、上記リンクをクリックして、
そのまま商品名を入れて検索するだけです。

Googleと一緒ですね。
登録ショップもかなり多くてとても便利です。
私は必ずGooglePrice Grabberで検索をして最安値を探します。

どうぞ使って見て下さい♪

あとがき

と、まぁここで終わってしまってはその辺に転がってるサイトと同じです
(ちょっとでも差別化したいという希望を込めて 笑)
プラスアルファで補足をひとつ

上記のサイトを見てあなたはどう思いましたか?
便利だから使って見よう  とか
なんかややこしそうだな  とか
俺はヨーロッパ輸入だから関係ないや とか

いろいろ思うところはあったはずです。
しかしあなたはこんな思考を張り巡らせられたでしょうか
「こんなサイトが他にないのかな?」と。

日本でも価格.comとかの価格比較サイトってたくさんあって、
とっても買い物には便利です。
大きなプラットフォームの場合が多いので、価格競争も進んでいます。
ネットショップを適当に見ていくよりもよっぽど効率的です。

Google shoppingはかなりメジャーで
ほとんどのビジネス実践者が使っていると思いますが、
こちらのサイトは10%程度じゃないでしょうか。
常にこういった便利サイトの情報収集を怠らないのは大切です。

長くなりましたが、最後一点

こんなサイトを探しましょうといいつつ
その方法を書いてませんでした。

Price comparison
价格比较        
Preisvergleich
comparaison de prix
confronto prezzi

上から

英語
中国語
ドイツ語
フランス語
イタリア語

です。

日本語だと「価格比較」です。
私はヨーロッパ輸入だから・・・とかで思考停止はやめましょう。
自分が輸入している国の言語で探してみましょう。
きっと少し幸せになれるはずです。

ちなみに私が今の会社に入社して最初にしたことは
物品の調達のために、ネットで最安値を探す事でした。
紅白幕の安いものを探すために3日間かけました 笑
会社としては確実に損をしていますが、あの作業は今思えば
正解だったと思います。かなり節約グセがつきました。笑

以上、おせっかいあとがきでした。

とってもシェアして欲しいです!!