アマゾン輸入の流れと必要なアイテム

国外から商品を購入し、日本に送る
こんな事は普通の人はほとんど経験がないはずです。

初めての輸入は心配なはずです。
どんな作業が必要なのか
どんなとこで金銭が発生するのか・・・などなど
心配は消えませんが、少しでも概要がわかっていれば
仕入れ計画がたてやすいと思います。
その流れを書いていきましたので参考にしてください。

アマゾン輸入の流れ

アメリカショップからの流れを追うかたちで説明していきます。
今回分かりやすいように100$1kgの商品を輸入するとします。
円ベースで考えます 1$=100円

★アメリカショップでの買い付け★
↓ 10000円+送料+消費税
↓ ※送料、消費税は必要ない場合があります。
↓  必要であっても購入前に分かります。
↓  今回は合わせて5$とします
↓ 《合計 10500円》
↓  
↓  約3日程度(ショップによります)
★転送会社(アメリカ) (MyUSやスピアネット)
↓ 手数料+送料で、1kgあたり約1000円程度が相場
↓ オプションにより保険料も必要な場合あり
↓ 発送手続きをしてから2~3日で発送準備が整います

↓ 関税・消費税・地域消費税が発生します。特に関税率が高いものを扱っていないかぎり
↓ 総額の7%を見込んでおけばまず間違いありません。
↓ ちなみに直近輸入した際は50800円相当を輸入し、合計1800円でした。
↓ 関税0円 消費税1100円 地方消費税200円 特別取扱手数料500円(FedExの関税立替手数料らしいです) 

↓ この料金は配達が終わったあと、数日後請求書が家に送られてきます。
↓ それを現金でコンビニで支払ってください。
↓ 《合計12235円》
↓ アメリカ⇒日本への運輸 通常配送で5日間程度
★指定した家(日本)
↓FBAで納品しますので、梱包し
↓アマゾンセンターに郵送します。
↓家からアマゾンセンターまで、おおよそ800円程度でしょうか。 
↓FBAアマゾンセンターが荷物受領から受付まで約1営業日程度 
↓ 《合計13035円》
★アマゾンJP FBA (日本)
↓ 商品保管手数料(200円)、商品発送手数料(100円)
↓ 商品販売手数料8~15%

↓ 《合計15335円》(販売手数料15%時)
お客様 

となるわけです。
10000円が最終的には約15000円くらいになりましたね。
これは1個で送る時なので、割高です。
実際はまとめて送るため配送料はもっと安くなります。
イメージとしては10000円⇒13000円くらいでしょうか。

流れとしてはこんな感じなので
初回はこれぐらいの経費を見越して仕入れをするべきです。

たくさん一気に仕入れた方が割安なのは言うまでもありません。
前回もお伝えしましたが、初回は20万円程度の仕入れをしてみてください。
そうすればかなり割安になるはずです。

梱包時に使う必須アイテム

まだまだ経費はかかります。

他の経費としては
ダンボール、クラフトテープ、梱包材、FBA納品シールなどなど・・・

それぞれ簡単に紹介します。

★ダンボール
ダンボールはスーパーにもらいにいってください。
0円で仕入れてください。

★クラフトテープ (梱包ガムテープ)
クラフトテープS B179J-5 5巻

100均は割高です。まとめて買うべきでしょう。(品質的にも100均はオススメできません)

★FBA納品シール
ヒサゴ エコノミーラベル 24面四辺余白 (100入り) ELM012

アマゾンはコクヨをオススメしていますが、私はこれををつかっています。
クレームがきたことは一度もありません。私の知りうる上で最安です。コスパ良し

★プリンタ
Canon インクジェット複合機 PIXUS MG4230
私がつかっているものを紹介します。安くて。ワイヤレスで文句無しです。
FBAシールも綺麗に印刷することができます。

★梱包材
カウネット エアークッション 600mm×42m 1巻
600mmなところがオススメ。梱包しやすいです。

ちなみにもっと安くて良いものがあればそちらを仕入れてください。
そして私に教えてください。
以上が備品でひつようなものです。

ご参考に。

とってもシェアして欲しいです!!